医療経営士メールマガジン

2019年4月10日配信 (第145号:毎月10日・25日発行)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  一般社団法人 日本医療経営実践協会発行
  
          「医療経営士」メールマガジン(第145号)
  
                       http://www.jmmpa.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 ごあいさつ
 
  新年度に入りましたが、皆様如何お過ごしですか?
 今年は新元号の発表も重なり、なんとなく厳かな雰囲気のなかでのスタートを
 迎えらえた方も多かったのではないでしょうか。

  今年で2回目を迎えました『医療経営に関する研究助成』の募集、懸賞論文
 「日本医療経営実践賞」は5月10日消印有効にて受付中です。
 奮ってご応募願ください、沢山のご応募お待ちしております。

 

  今回のメールマガジンも、会員の皆様に向けたさまざまな研究会、勉強会の
 情報などが満載です。
  ぜひ皆様のお仕事にお役立てください。

 
  ※本メールマガジンは、現在入会手続き中の皆様にもお送りしております。


  第145号の内容はこちら↓

 ─▼─────────────────────────────────

 目次
   
 【1】日本医療経営実践協会 新着情報
 【2】地方支部だより
 【3】「医療経営士」時事公論
 【4】編集後記

 ─▲─────────────────────────────────


【1】日本医療経営実践協会 新着情報
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  こちらでは、協会から新着情報を掲載しております。


 1.「会員マイページ」アカウント・パスワード登録のお願い
   4月1日(月)より、会員登録情報のうち、等級・種別・認定登録番号・有効期限・
   次年度年会費納付期限・個人コードの6項目については、「会員マイページ」を開
   設いただくことにより閲覧できるようになりました。
   この「会員マイページ」には、登録の内容変更申請が行えるメニューをご用意して
   おります。本協会HPの「会員サポート」⇒「登録基本情報のご案内」へと進み、ア
   カウントとパスワードをご登録くださいますようお願い致します。

 

   詳細はこちらから⇒ http://www.jmmpa.jp/support/


 2.3月3日実施『第26回「医療経営士3級」資格認定試験』合格発表
   4月17日(水)まで、本協会HPで受験番号により合否が検索できます。

 
   合否検索はこちらから⇒ http://www.jmmpa.jp/examination/cat6/


 3.6月16日実施『第17回「医療経営士2級」資格認定試験』、
          『第27回「医療経営士3級」資格認定試験』受験エントリー受付中

 

   この試験の受験エントリ―受付締切日は4月25日(木)、受験料入金締切日は5月7日
   (火)となっております。
   多くの方からのエントリーをお待ちしております。
   
   試験概要、受験エントリーはこちらから⇒ http://www.jmmpa.jp/examination/

 

   なお、本協会推薦図書発刊社である「株式会社日本医療企画」が実施している
   『直前ポイント整理講座(直前試験対策講座)』の開催情報は、下記からご確
   認ください。

 

   ◎本協会HP    ⇒ http://www.jmmpa.jp/examination/cat8/
   ◎日本医療企画HP ⇒ http://www.jmp.co.jp/mm/
              または http://www.jmp.co.jp/seminarinfo/


 4.2019年度(第2回)「医療経営に関する研究助成」案件募集 の公募について
   『懸賞論文』応募締め切りは5月10日(金)消印有効  

   昨年に引き続き、国民に安全な医療を提供できる基盤を構築するために、医療及び
   経営の学習と実践、現場感覚を備えた人材の育成、「民」主役の医療の確立に資す
   ることを目的とする「医療経営に関する研究助成」の案件募集を行うことになりま
   した。
   今年度、助成内容が「懸賞論文」と「指定課題研究」の2種類となりましたが、
   「指定課題研究」の応募受付は3月31日(日)で締切とさせていだたきました。
   「懸賞論文」の応募締め切りは、5月10日(金)消印有効となっております。
   申請方法等の具体的な手続きを含む「応募要項」の詳細は、本協会HPでご確認の
   うえ奮ってご応募ください。

 

   詳細はこちらから⇒ http://www.jmmpa.jp/association/grant/2/


 5.一日・短時間で実践力が身につく「医療経営士 実践研究講座」6月開講!

   本協会では、医療経営士の専門性を高めるための継続学習の場として「医療経営士
   実践研究講座」のカリキュラムを策定しました。
   ヘルスケア経営学院(株式会社日本医療企画)にて4月より受講者を募集、6月より
   開講となります。

 

   ◎公 認:一般社団法人日本医療経営実践協会
   ◎認定校:ヘルスケア経営学院
   ◎会 場:ニッテン神田ビル3Fセミナールーム(東京都千代田区神田東松下町17)
   ◎定 員:各講座 35名
   ◎入学金・受講料(税込)※割引制度あり。
    ①「一日 特訓講座」(5~8時間程度、昼食付)
      入学金:医療経営士 無料
          一般    10,000円(2019年9月までは無料)
      受講料:医療経営士 40,000円
          一般    50,000円
      ※「一日 特訓講座」の受講者には履修後に修了証を発行します。
    ②「短時間 集中講座」(2~4時間程度)
      入学金:なし
      受講料:医療経営士 15,000円
          一般    20,000円

   特設サイトはこちらから⇒ http://www.hcmi-s.net/

 

   ◎お問い合わせ先
    ヘルスケア経営学院事務局(株式会社日本医療企画内)
    TEL:03-3258-2798

 

 6.「第8回全国医療経営士実践研究大会(仙台大会)」
    地域を動かす医療経営士の現場力
    ――新たな「企画」「提案」「実践」が医療を変える!

 

    次回の全国大会は、下記日程で杜の都仙台で開催します。
    なお、大会の前に『第1回(2018年度)「医療経営に関する研究助成」指定課題
    「医師・看護師等の働き方改革」最終報告会』が11月9日(土)午前8時30分より開催
    されますので、こちらにもご参加いただきますようお願い致します。

    また、前日の11月8日(金)は「第18回日本医療経営学会学術集会・総会」が宮城県
    医師会館で開催されます。
    医療経営士の方は、受付で認定証を提示すると参加費が1,000円に割引きされます。
    11月第2週は仙台市で医療経営を学びましょう。
    
    日 程:2019年11月9日(土)・10日(日)
    会 場:ホテルメルパルク仙台(宮城県仙台市宮城野区榴岡5-6-51)
    大会運営委員長:濃沼 信夫
            (東北医科薬科大学医学部教授・病院長補佐
             一般社団法人日本医療経営実践協会理事
             日本医療経営実践協会東北支部支部長)

 

    大会特設ページはこちらから⇒ http://www.jmmpa.jp/seminar/zenkokutaikai/8/


 7.「医療経営指導士」制度について
   「医療経営士1級」資格認定者を対象として、2017年9月にこの制度が発足しました。
   本協会ホームページにサイドバナー(「医療経営指導士」のご案内)を設け、「医療
   経営指導士」について及び「医療経営指導士」名称使用における流れの詳細をご案内
   しております。
   「医療経営士1級」会員の方々は、ぜひご覧ください。

 

   http://www.jmmpa.jp/support/shidoushi/


 8.『「医療経営士」基礎力UP講座』申込受付中!
   医療経営士が知っておきたい「医学の基礎知識」を、DVDとテキストで平易かつ効果的に
   学習できる講座です。
   詳細と受講申込方法は、協会ホームページの『会員サポート』からご覧ください。

 

   http://www.jmmpa.jp/support/


9.月刊「医療経営士」4月号好評発売中! 会員なら年間購読がお得です!

  現場で活動する医療経営士の視点でつくり、医療経営士を元気にする、医療経営士応援
  マガジン、月刊「医療経営士」4月号が発売中です!
   協会会員の方は年間購読がオトクです!!
   通常10,368円(税込) → 9,000円(税込)


  ◆月刊「医療経営士」4月号(2019年3月20日 発行)の内容は・・・

 

  【特集】 機能評価係数Ⅱ上位病院大研究!
       病院評価を高めるロジックを解き明かす

 

   DPC 病院ごとに設定されている「機能評価係数Ⅱ」。提供する医療の質や内容、病院の
   機能を表す数値だけに、病院群ごとのランキングを作成するなど、この値に注目してい
   る人は少なくない。そこで特集では、機能評価係数Ⅱにおいて注目すべき項目などを解
   説するとともに、さまざまな視点から係数アップに向けた戦略や求められる取り組みを
   紹介する。

  

         詳細はこちらから ⇒ http://www.jmp.co.jp/mmms/


◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─


【2】地方支部だより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  こちらでは、各地方支部からのお知らせ・研究会情報を掲載しております。
  医療経営士のネットワークづくり、仲間づくりのチャンス!!
  ふるってご参加ください。


  ◆北海道支部

 

   ヘルスケアマネジメント合同研究会(4月)

 

       テーマ:怒りの感情と上手につきあうために
   日 程:2019年4月19日(金)18:30~19:30
   内 容:普段の生活や職場で、「怒り」に身を任せて行動してしまい、
       「望まない結果」になったことはありませんか?
       本講座は、怒りの感情と上手に付き合うために、
       アンガーマネジメントの基本を学ぶ講座となります。
   講 師:後藤 寛 氏
       (株式会社シーエスアイ 品質管理部 マネージャー)
   会 場:株式会社日本医療企画 北海道支社 セミナールーム
       (北海道札幌市中央区南1条西6丁目15-1 札幌あおばビル201)
   定 員:30名
   受講料:会員:各回 500円(資料代・税込)
         一般:各回1,000円(資料代・税込)

    ※会員とは、日本医療経営実践協会、介護福祉経営人材協会、
          日本栄養経営実践協会の会員の方。

   主 催:日本医療経営実践協会 北海道支部
       介護福祉経営人材教育協会 北海道支部
       日本栄養経営実践協会 北海道支部
       株式会社日本医療企画

  【お問い合わせ先】
  日本医療経営実践協会 北海道支部
  担当:緑川
  TEL:011-223-5125  FAX:011-223-5126
  e-mail:hokkaido-shibu@jmmpa.jp

 

  詳細とFAX申込用紙はこちらから
   ⇒ http://www.jmmpa.jp/docs/20190419_hokkido.pdf

 

  ◆東北支部

 

   超実践! 楽しく学ぶアンガーマネジメント研修

   日 程:2019年4月20日(土)14:00~16:15
   場 所:久保田本店貸し会議室
       (宮城県仙台市青葉区一番町四丁目4-33)
   内 容:アンガーマネジメント 基本編
        怒りのメカニズムを学び、怒りと上手に付き合う方法を探ります。
       アンガーマネジメント 実践編
        職場や家庭といったシチュエーションごとにまとめ、ケーススタディで
        対処法を学びます。
        また、「上手な叱り方」についても学びます。
   講 師:佐藤 歓生 氏
       (株式会社メルマック 代表取締役社長、医療経営士3級)
   受講料:協会会員:2,500円(税込)
       一  般:5,000円(税込)
       ※参考図書『看護師のためのアンガーマネジメント』をプレゼント
       ※終了後、有志による懇親会を開催予定(別途参加費4,000円程度)
   主 催:日本医療経営実践協会 東北支部


  【お申し込み・お問い合わせはこちらまで】
   日本医療経営実践協会 東北支部
   担当:浅石 TEL:022-281-8536 FAX:022-281-8537
     
   詳細とFAX申込用紙はこちらから
   ⇒ http://www.jmmpa.jp/docs/20190420_touhoku.pdf


   ともに学び、ともに考え、ともに成長する“石井ゼミin東北”
   「採用される企画提案を立てよう」全3回シリーズ

 

   第1回 5月11日(土)【情報収集・分析】
    問題・課題の発見、市場分析(データ利用・活用による課題抽出と分析)  
   第2回 7月13日(土)【企画・提案】
    新規事業企画、業務改善提案など
    (課題解決のアイデアを練る・ストーリーの作成・戦略立案・予算組み立て、多職種との合意形成)

   第3回 9月7日(土)【実践】&【講義】
    Ⅰ.模擬プレゼン(部門長・医療職へ提案)、質疑応答、石井先生による総評
    Ⅱ.まとめ(医療・介護福祉政策の動向、医療経営士の役割と求められるスキル・力について)

   時 間:14:00~17:00
   定 員:30名(定員となり次第、締切とさせていただきます。)
   会 場:PARM-CITY131 貸会議室
       (宮城県仙台市青葉区一番町3-1-16/JR仙台駅徒歩11分)
   受講料:会員・定期:12,000円(税込・全3回)※各回参加は、5,000円
   講 師:石井 富美 氏(多摩大学医療・介護ソリューション研究所 副所長)
   共 催:株式会社日本医療企画
       日本医療経営実践協会 東北支部
       日本介護福祉経営人材教育協会 東北支部、
       日本栄養経営実践協会関東支部 東北支局
   
  【お申し込み・お問い合わせはこちらまで】
   日本医療経営実践協会 東北支部(seminar-tohoku@jmp.co.jp)
   担当:浅石 TEL:022-281-8536 FAX:022-281-8537

 

 

  ◆関東支部

 

   医療×経営×未来 ハイブリットセミナー(第3回)

 

   テーマ:介護医療院で完成する多機能慢性期病院の戦略
   日 程:2019年5月31日(金)14:00~16:00
   場 所:日本医療企画ニッテンセミナールーム
       (東京都千代田区神田東松下町17 ニッテン神田ビル3階)
   講 師:鈴木 龍太 氏
       (医療法人社団三喜会鶴巻温泉病院理事長・院長、
        一般社団法人日本介護医療院協会会長)
   定 員:60名(満員になり次第締め切り)
   参加費:『月刊医療経営士』定期購読者:5,000円(税込)
       医療経営士・医療機関勤務者 :7,000円(税込)
       一般:10,000円(税込)
   主 催:株式会社日本医療企画
   協 力:日本医療経営実践協会 関東支部

 

  【お申し込み・お問い合わせはこちらまで】
   日本医療企画 関東支社
   担当:平山 TEL:03-3256-2885 FAX:03-3256-2865

 

   詳細とお申し込みはこちらから
   ⇒ https://www.jmp.co.jp/seminar/hybrid/

 

  ◆関西支部


   医療経営士・介護福祉経営士・栄養経営士 関西支部合同研究会(4月期)

 

   テーマ:~2019年10月スタート~
       『新介護職員処遇改善加算』ポイント解説&実地指導講座
   日 程:2019年4月20日(土)14:00~17:00(受付13:30~) 
   内 容:今年10月に予定されている消費税率引き上げに合わせて介護報酬の引き上げ
       (消費税対応改定)を実施すると共に、経験・技能のある介護職員を対象と
       した新たな処遇改善加算が創設されます。
       新加算の詳細と併せ、2021年度介護報酬改定の動向や利用者単価の影響など
       を徹底解説します。
   場 所:上田公認会計士事務所セミナールーム
       (大阪府大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル2F)
   講 師:大藪 直史 氏
       (日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所)
   受講料:会員 2,000円(税込)
       一般 3,500円(税込)
       ※研究会終了後、懇親会の開催を予定(自由参加、会費4,000円)
   定 員:35名
   主 催:一般社団法人日本医療経営実践協会
       株式会社日本医療企画

  【お問い合わせ先】
   日本医療経営実践協会 関西支部
   担当:喜津木(キツキ)
   TEL:06-7660-1761  FAX:06-7660-1763
   E-mail:j-kitsuki@jmp.co.jp

 

   詳細とFAX申込用紙はこちらから
   ⇒ http://www.jmmpa.jp/docs/20190420_kansai.pdf

 

   患者視点で考える医療介護経営

 

   日 程:2019年5月12日(日)13:00~16:00(受付12:30~) 
   内容・講師:
    第1講 3者によるスライドを使わない講演
     ①13:00~13:45 医療介護トピック
      長 英一郎 氏(東日本税理士法人 代表社員)
     ②13:45~14:30 aging in place(地域で暮らし続ける)を実現するために
      宇都宮 宏子 氏(在宅ケア移行支援研究所宇都宮宏子オフィス所長)
     ③14:45~15:30 イマドキの診療所事情~事務長奮闘記~
      松村 眞吾 氏(株式会社メディサイト 代表取締役)
    第2講 3者によるパネルディスカッション・質疑応答
   場 所:大阪府看護協会 ナーシングアート大阪
       (大阪府大阪市城東区鴫野西2-5-25)
   参加費:医療経営実践協会会員:5,000円(税込)
       看護師:3,000円(税込)
       一 般:8,000円(税込)
   主 催:株式会社日本医療企画
   後 援:大阪府看護協会
       日本医療経営実践協会
   
   
  【お問い合わせ先】
   株式会社日本医療企画 関西支社
   担当:西長
   TEL:06-7660-1761  FAX:06-7660-1763          
          
   詳細とお申込みはこちらから
   ⇒ https://www.jmp.co.jp/seminar/nurse/kanjashiten/

 

 

  ◆九州支部


   地域医療構想時代 選ばれる病院づくり システムを活用した広報(第3回)

 

   日 程:2019年4月20日(土)14:00~16:00
   会 場:株式会社日本医療企画 九州支社 セミナールーム
       (福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-6 第三博多偕成ビル5F)
   講 師:鳥飼 誠 氏
       (熊本県病院広報を考える会会長、
        医療法人堀尾会熊本リハビリテーション病院)
   受講料:会員:2,000円(税込)
       一般:4,000円(税込)
        ※受講料は当日払い
   定 員:15名(事前申込が必要です)
   主 催:日本医療経営実践協会 九州支部

  【お申し込み・お問い合わせはこちらまで】
   日本医療経営実践協会 九州支部
   担当:杉安
   TEL:092-418-2828
   e-mail:n-sugiyasu@jmp.co.jp

 

   詳細とFAX申込用紙はこちらから
   ⇒ http://www.jmmpa.jp/docs/20190420_kyushu.pdf


   ※4月13日(土)に開催を予定していた『人材確保、人材育成ができる組織づくり
    「ノーリフティングケア」のススメ』は、都合により開催日が延期となりました。
    新しい開催日が決定しましたらご案内します。

 


【3】「医療経営士」時事公論
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  「医師の働き方改革」報告書まとまる
  時間外労働時間の水準は原則年960時間

 

  厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会(座長:岩村正彦東京大学
 大学院法学政治学研究科教授)」は3月28日、医師の時間外労働規制の具体的な
 あり方、労働時間の短縮策等を盛り込んだ報告書をとりまとめた。2024年度以
 降、勤務医に適用される時間外労働時間の水準は年960時間/月100時間と定め
 られ、このほかに2つの水準が設定された。

 ▼参考▼
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04273.html

  診療従事勤務医の時間外労働の上限水準については、脳・心臓疾患の労災認
 定基準を考慮したA水準のほか、地域医療確保暫定特例水準(B水準)、集中
 的技能向上水準(C水準)が設定された。それぞれの時間は、A水準が年960時
 間/月100時間、B・C水準が年1860時間/月100時間となっている。

  このうちB水準については、▽2024年時点でまだ約1万人の需給ギャップが
 存在し、さらに医師偏在解消の目標が36年となっていること、▽医療計画に基
 づき改革に取り組む必要性があること、▽医療ニーズへの影響に配慮した段階
 的改革が必要であること――などの事情に鑑み、地域医療提供体制の確保の観
 点から、やむを得ずA水準を超えざるを得ない場合が想定されている。

  具体的には、

  ▽三次救急医療機関
  ▽二次救急医療機関かつ「年間救急車受入台数1000台以上または年間の夜間・
   休日・時間外入院件数500件以上」かつ「医療計画において5疾病5事業の
   確保のために必要な役割を担うと位置づけられた医療機関」
  ▽在宅医療において特に積極的な役割を担う医療機関
  ▽公共性と不確実性が強く働くものとして、都道府県知事が地域医療の確保
   のために必要と認める医療機関(精神科救急に対応する医療機関、小児救
   急のみを提供する医療機関、へき地において中核的な役割を果たす医療機
   関など)

 ――のほか、高度のがん治療、移植医療等極めて高度な手術・病棟管理など高
 度で代替困難な医療を提供する医療機関が対象となる。

  また、C水準では医師としての能力を高める観点から、(1)臨床研修医・
 専門研修中の医師の研鑽意欲に応えて一定期間集中的に知識・手技を身につけ
 られるようにすること、(2)高度な技能を有する医師を育成する必要がある分
 野において新しい診断・治療法の活用・普及等が図られるようにすること――
 が必要であるとの考えのもと、(1)に対応したにC-1水準と(2)に対応
 したC-2水準が設定された。

  B水準、C水準ともに特例的位置づけであり、B水準については35年度末後
 に解消、C水準については将来に向けて縮減を図ることが明記されている。ま
 た、追加的健康確保措置として、連続勤務時間制限28時間、勤務間インターバ
 ル9時間などが義務化されている。時間外労働上限規制が施行されるのは24年
 からで、そこまでに医療機関としてはさまざまな取り組みを進めておく必要が
 あるだろう。

  日本医療経営実践協会が実施した「医療経営に関する研究助成(2018年度)」
 のテーマは医師・看護師等の働き方改革だった。今年11月9日・10日に開催さ
 れる第8回「全国医療経営士実践研究大会」仙台大会ではこの最終報告が予定
 されている。ぜひ自院の取り組みを進めるうえでの参考にしていただきたい。

 (「月刊医療経営士」編集長・阿部望)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【4】編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  今月末からの大型連休、航空機を利用される方も沢山おられるのではないで
 しょうか?自身旅客機といえばボーイング747が真っ先に頭に浮かびますが、
 747は今年就航50周年という節目の年になったそうです。

  半世紀以上も前にそこの基本技術が確立されていたことに改めて驚きを覚え
 ました。

  一方で昨年秋に就航したばかりの最新鋭旅客機737MAXが11月と先月、
 相次いで離陸直後に墜落するという驚きの事故が起きました。

  米中摩擦のさ中ともあって、中国政府が真っ先に飛行禁止を打ち出し、それ
 に欧州が続き、おひざ元の米国、今回ばかりはトランプ大統領も人道的な見地
 を優先、大統領令を発動し飛行禁止措置をとりました。

  事故原因についてはいまだ当局による調査段階ではありますが、ハイテクを
 取り巻く技術と操縦する側の双方が関係する出来事につき、この先の行方に興
 味が尽きません。

◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─


  
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─

 

【PR】一般社団法人 日本介護福祉経営人材教育協会

 

  2019年9月6日(金)・7日(土)開催決定!
  「第4回 全国介護福祉総合フェスティバル in さいたま」

 

  4回目を迎える本年は、今何かと話題の彩の国埼玉県・さいたま市にて開催します。
  多彩なプログラムをご用意いたしますので、ぜひお誘いあわせの上、お越しください。

  ■日 程:2019年9月6日(金)・7日(土)
  ■会 場:埼玉会館(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4)

   詳細が決定次第、本協会HP内の特設ページでご案内いたします。
  
  ⇒ http://www.nkfk.jp/kaigofes2019/

 
  第4回(2019年度)「介護福祉のみらい」作文コンクールの開催について
  
  本協会では、わが国の未来を担う中学生・高校生に、介護福祉の大切さを知り、未来に
  ついて考える機会をもっていただくことを目的とし、2016年度より「介護福祉のみらい」
  作文コンクールを開催しております。
  今年度も、下記の要領で全国の中学生・高校生から応募作品の募集を行います。
  機会がございましたら、ぜひお声がけいただきますようお願い致します。

  ◎応募資格
   (1)中学生
   (2)高校生
  ◎募集テーマ
   下記3つの課題より選択
   ・介護や福祉に関する実体験等を通して感じたこと、考えたこと
   ・自分の老後を想像して考えたこと
   ・これからの介護や福祉に関する私の意見
  ◎応募期間
   2019年4月1日(月)~6月28日(金)

  詳細は、特設サイトからご確認ください ⇒ http://www.nkfk.jp/sakubun2019/

 
 「介護福祉経営士」資格認定試験 受験申込受付中!

  ⇒ http://www.nkfk.jp/

 

  1.自分のペースで無理なく学習。自信がついたら受験を申し込み。
  2. 自分の予定に合った日程、時間にチャレンジできます。
  3. 試験会場はご希望の会場を選べます。
  4. 試験が終わったらその場ですぐに合否をスピード判定。


◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─   
次回の配信は2019年4月25日(木)です。

────────────────────────────────────  
  
 ◇本メールマガジンの配信停止は、以下のメールアドレスにご連絡ください。
  連絡先メールアドレス: mailmagazine@jmmpa.jp
  
────────────────────────────────────
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 発行:一般社団法人 日本医療経営実践協会
    〒101-0033
    東京都千代田区神田岩本町4-14 神田平成ビル7階
 TEL:03-5296-1933(代)
 FAX:03-5296-1934
 URL:http://www.jmmpa.jp

 担当:Web編集グループ( mailmagazine@jmmpa.jp )

 Copyright(C)2013 一般社団法人 日本医療経営実践協会
 掲載記事の無断転載を禁じます

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲ ページTOPへ