2020年「新春講演会」&「新春の集い」

2020年新春講演会と新春の集い

 

本協会では、2020年2月1日(土)に「新春講演会」および「新春の集い」を開催させていただきます。

 

第Ⅰ部の「新春講演会」では、作家の神渡良平先生に、『偉人に学ぶ医療・福祉の人間力』をテーマにご講演いだきます。

 

神渡良平先生は九州大学医学部を中退後、雑誌記者などの職業を経て、作家に。
38歳のとき脳梗塞で倒れ一時は半身不随となるが、必死のリハビリによって社会復帰を果たしました。
そしてこの宇宙には大きな仕組みがあり、それに即した建設的で前向きな生き方をしたとき、実りある人生が築けることに目覚めていきます。この闘病体験から、「人生は一度だけ。貴重な人生をとりこぼさないためにはどうしたらよいか」という問題意識が作品の底流となっています。
先生は、人々が覚醒するお手伝いをしたいという思いから「人は何によって輝くのか」を執筆のテーマとされています。
今回は、安岡正篤をはじめとする偉人の方々に学ぶ医療・福祉の人間力についてご講演いただきます。

 

第Ⅱ部の「新春の集い」では、ささやかながら宴席を設けさせていただきますので、医療経営士の皆様方と相互交流をはかり、強固なネットワークを築き上げていく機会として、ぜひご参加ください。

参加登録

「新春講演会」&「新春の集い」に参加される方の登録やご質問は、 こちらのフォームより お願いします。

プログラム

日 時 2020年2月1日(土)
主催者挨拶(代表理事・吉原健二) 15:00~15:10(開場 14:30)
第Ⅰ部 15:10~16:10
第Ⅱ部 16:20~18:30(開場 16:00)
内 容 第Ⅰ部 新春講演会
    偉人に学ぶ医療・福祉の人間力
第Ⅱ部 新春の集い(懇親会)
    医療経営士・介護福祉経営士(会員)限定
参加費

第Ⅰ部:医療経営士(会員)無料
    介護福祉経営士(会員)1,000円
    一般 3,000円

第Ⅱ部:医療経営士(会員) 3,000円
    介護福祉経営士(会員)5,000円


※第Ⅱ部は医療経営士・介護福祉経営士限定とさせていただきます。
(会員申請中の方も参加可能です)

※参加費のご入金をもって正式な参加申込となります。

講 師

shinshun2020.jpg 神渡 良平(かみわたり・りょうへい)先生

1948年鹿児島生まれ。九州大学医学部中退後、新聞記者、雑誌記者を経て独立。
取材国は50数カ国に及ぶ。38歳のとき脳梗塞で倒れ一時は半身不随と成ったが、必死のリハビリで再起。この闘病生活中に、人生はたった一回しかないこと、またどんな人にもなすべき使命があってこの地上に送られていることを痛感し、この宇宙には大きな仕組みがあり、それに即した建設的で前向きな生き方をしたとき、実りある人生が築けることに目覚めていく。こうして闘病中に起草した『安岡正篤の世界』(同文舘出版)がベストセラーになり。以後、次々にベストセラーをうみ出し、講演や執筆に大多忙となる。

(以上、講師HPより)

著 作

『いのちの讃歌』                       (致知出版社)
『許されて生きる 西田天香と一燈園の同人が下坐に生きた軌跡』
『アメイジング・グレイス̶̶魂の夜明け』         (共に廣済堂出版)
『「思い」の経営「オオクシ」未来への挑戦』
『苦しみとの向き合い方 言志四録の人間学』
『中村天風人間学』
『敗れざる者 ダスキン創業者鈴木清一の不屈の精神』
『一隅を照らす生き方』                 (以上、PHP研究所)
『安岡正篤の風韻』               (同信社刊、同文舘出版販売)
『下坐に生きる』
『宇宙の響き 中村天風の世界』
『安岡正篤 立命への道』                (以上、致知出版社)
『安岡正篤 珠玉の言葉』
『安岡正篤 人生を拓く』
『中村天風 幸せを呼び込む思考』           (以上、講談社+α新書)
『安岡正篤 人生を変える言葉 古典の活学』
『安岡正篤人間学』                  (共に講談社+α文庫)
『マザー・テレサへの旅路』                (サンマーク出版)
など。

会 場

富士ソフト アキバプラザ(東京都千代田区神田練塀町3)
※会場までの地図はこちら

第Ⅰ部 6階セミナールーム1
第Ⅱ部 5階レセプションホール

定 員 第Ⅰ部:120人(定員になり次第、締め切らせていただきます)
主 催

一般社団法人日本医療経営実践協会

お問い合わせ先

一般社団法人 日本医療経営実践協会
東京都千代田区神田岩本町4-14 神田平成ビル7F
TEL:03-5296-1933/FAX:03-5296-1934

 

▲ ページTOPへ